すい臓がんと余命


すい臓がん余命が短い傾向があり、これは他の癌と比べても顕著です。それだけ悪性度が高いということなのですが、発見時にはすでに末期に進行していることも多く、告知の段階で期待できる生存期間が半年を切っていることも少なくありません。

では、どのように残された余命と向き合っていけばよいのでしょうか。誰にでも共通する回答があるわけではありませんが、あくまですい臓がんの克服を諦めないという方向性と、残された時間をまっとうするという方向に分かれるのではないでしょうか。もちろん、どちらか一方を選択するだけではなく、両方を組み合わせることもできます。

病院での治療のレベルを高めるための方法としては、名医を見つけることが挙げられます。専門医の力量によって、症状の改善の度合いが異なることがあるからです。手術になれば、執刀医の腕が問われることになりますし、そうではないとしても適切な治療方針を立てられるかどうかによって、体の状態は変わります。

しかし、名医を見つけてもすい臓がんが末期になれば余命を延長させることはできても、完治させることは難しいのが現状です。病院での治療は基本ですが、それだけでは限界があるのも事実なのです。そこで、食事療法を取り入れてみてはいかがでしょうか。食事は毎日のことですから、改善することができれば体にも影響を及ぼすことができるようになります。

ガン治療に最も効果的な食事法を活用することで、症状の改善や、悪化の抑制につなげられる可能性があります。残された時間をわずかなものとして諦めるよりも、できる限りの手を尽くすことをお勧めします。

残された余命を受け入れて、遣り残したことがないようにしておくことも大切です。たとえば、家族に伝えておきたいこともあるでしょうし、訪れておきたい場所もあるかもしれません。出かけるのであれば外出許可が出るうちに済ませておくことが必要です。末期症状が進行すると、体を動かすこともままならなくなるケースがあるためです。

残念ながら、今でもすい臓がんは診断や治療において困難な部分が多く、十分な回復を望めない現実があります。そのため、罹患してしまうと助かることは少なく、早かれ遅かれ余命と向き合わざるをえなくなってしまいます。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんと克復


すい臓がんを克服するためには、病院での治療だけでは難しいのが実際のところです。これは生存率を見ても明らかな事実ですので、それ以外の部分にも注目するようにしましょう。患者さんが自ら行えることとして、食事療法があります。

毎日の食事に気をつけている方でも、癌を克復するためのノウハウは知らないでしょう。これは当然のことですし、問題はありません。必要になってから理解すれば言いだけの話です。

具体的には、数々のガン患者を完治させてきた食養理論を参考にして、食事療法を実践していくとよいでしょう。やはり方法が分からないために諦めてしまっている方も多いと思いますので、難治癌であるすい臓がんの克服に向けて、役に立てて下さい。

完治できることが理想ですが、それがかなわない場合であっても、症状の進行を遅らせて余命が1日も長くなることを期待するという考え方もあります。できるだけ元気なまま、そして長く生きてほしいという願いは、患者さん自身と家族の共通の思いでしょう。

手術や抗がん剤治療だけでは腫瘍がなくなることが少ないのがすい臓がんです。大腸がんや胃がんと比べても生存率の低さは際立っており、克復が難しいことが特徴となっていますが、可能性がないわけではありませんので、諦めないで下さい。

これまでにも、生還してきた方はいます。数が多いとは言えませんし、完全にガン細胞が体からなくなり、再発しないことは多いとは言えません。しかし、希望を持ちつづけることが大切です。そのためには、生き甲斐を見つけるのもお勧めです。生きる気力にもつながりますので、気持ちから身体を元気にすることもできるでしょう。

食事療法を含めて、残された可能性や望みを捨てることなく闘病してください。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんと看護


すい臓がんの看護をしていて行き当たる問題として、専門医のように治療を行うことができるわけではなく、家族ができることは限られているという現実があります。たしかに、手術や抗がん剤の投与を行うのは医師ですので、その代わりを務めることはできません。

しかし、家族だからこそできるすい臓がんの看護もあります。たとえば、精神的な部分での支えになることは、やはり身近な人だからこそできる部分があります。末期になって余命と向き合わなくてはならなくなった時、一人きりでは辛いものです。近くで応援してくれる人がいることは、それ自体が力になります。

また、毎日の食事で少しでも体調を良くするために、食事療法を活用してみてはいかがでしょうか。具体的な方法は
数々のガン患者を完治させてきた食養理論を参考にして下さい。毎日口にする食べ物を替えることは、健康に及ぼす影響が大きく、比較的手軽にできるというメリットがあります。

すい臓がんのような重い病気にかかることはなかなかありませんので、患者さんも周囲の人々も心の準備が整うまでに時間が必要でしょう。最初からすべてを理解して看護することはできなくても、できることから始めてみましょう。たとえば、どのような治療法があるのか、症状としてはどのような問題が身体に生じるかを知っておくだけでも、理解を深めることができます。

残念ながら、生存率は非常に低い癌です。すい臓がんは予後が良好とは決して言えませんので、余命は限られていることも少なくありません。看護をする側が本人に動揺を与えないようにするためにも、気持ちを強く持ってください。簡単に割り切れることではありませんが、残された時間は長くないことが多いだけに、後悔の残らないようにしてください。

本人の希望を汲むことはもちろん大切ですが、家族としての要求もあるでしょう。できるだけお互いの気持ちが伝わるようにコミュニケーションを取っておくことが必要です。また、病院との連携がスムーズだと何かと役に立ちますので、主治医や看護婦の方とは顔見知りになって、機会を見て話をしておくとよいでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんと原因


統計的に推測されるすい臓がんの原因としては、コーヒーや飲酒習慣、喫煙、糖尿病、慢性膵炎があります。コーヒーの飲みすぎは意外かもしれませんが、患者さんを見ると愛飲者が多いとされています。多量の飲酒や喫煙に関しては、癌全般にも言える事ですので、特に意外性のあるものではないでしょう。

そして他の病気がすい臓がんの原因になっている例として、糖尿病や慢性膵炎が挙げられます。これらの病気があるとリスクが高まる傾向にありますので予防しておく必要があります。糖尿病は予備軍も含めると多くの方が身近に抱えている問題ですが、死亡率の高いすい臓がんをもたらすと認識している方は少ないはずです。血糖値が高くても、それが死をもたらすものだとは考えないのが通常でしょう。

食生活が偏ってしまうことや、慢性的な運動不足になることは血糖コントロールの大敵ですので、バランスの取れた食事や適度にスポーツをすることを心がけてください。そのことが、健康を保つために重要なこととなります。

原因を知ることは、予防にも関わってきます。したがって、適正な知識を持っていれば罹患するリスクを軽減することができます。もっとも、知っているだけではなく行動しなくては意味がありませんので、まずは食事や日常の生活習慣から見直してみましょう。

すい臓がんの死亡率の高さは発見が遅れてしまうことが原因の一つとされています。しかし、診断技術の向上がない限り早期発見は難しいため、できるかぎり罹患しないように気をつけるしかありません。生存率が急激に上がることは期待できませんので、かからないようにすることが重要です。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんと検査


すい臓がんの検査としては、画像診断や腫瘍マーカーをはじめとした血液の採取があります。残念ながら、初期症状で自覚することはほとんどありませんし、健康診断によって早期発見されることも少ないのが現実で、ある程度進行してから発見されることが一般的です。

超音波検査ですい臓がんを調べる場合には、超音波の跳ね返りを画像にします。非侵襲的で、身体に負担がかからないのがメリットですが、小さな癌を見つけることは難しいという問題点があります。

CTでは、より細かな異常を見つけることができます。X線を使うため、多少の被曝はありますが、とても有用な方法と言えるでしょう。

MRCP検査はMRIの応用で、かつて多く行われていたERCP検査の代わりに使われることが多くなっています。胆道と膵管を三次元の画像にしたもので、狭窄や閉塞の描出をすることができます。ERCPは合併症の危険性が高いため、簡単に使える方法ではありませんが、膵液や胆汁、細胞の採取もできます。内視鏡を十二指腸まで入れることによって行います。

血液検査を用いる場合には、腫瘍マーカーや膵酵素のチェックを行います。すい臓がんがあると腫瘍マーカーが上昇するため、CA19-9、CEA、Dupan-2の数値を調べます。もっとも、腫瘍マーカーは早期の段階では正常値を示すことが多く、早期発見に結びつくことはまれで、治療経過の測定や補助診断として用いられます。また、膵酵素の数値を調べるだけで癌の診断ができるわけではありませんが、異常値が出ているかどうかは参考にすることができます。

治療成績を高めるためには、少しでも末期に近づく前に発見することが大切です。完治に向けての取り組みは治療技術の向上だけではなく、診断の精度が高まることも求められています。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんと転移


すい臓がんの転移は、生存率を下げる大きな要因となっています。原発巣のみに限局している状態であれば、その部分を十分な範囲で切除することにより、完治を実現することができます。しかし、リンパ節や他の臓器にまで転移してしまうと、治療を行わなければならない範囲が広くなり、手術によって摘出することができない場合も出てきます。

例外的に手術ができない場合があるという状況ではなく、診断時に半分以上の患者さんは切除ができない状態になっています。それだけすい臓がんは進んだ状態で発見されることが多いということです。また、手術ができたとしても、完全にガン細胞を取り去ることは難しく、高い確率で再発します。

せっかく治療が終わったと安心しているところに再発するのですから、精神的なショックは計り知れません。多くの場合、再発してしまった場合には、もはや有効な治療法がないことも追い討ちをかける事実となります。

遠隔転移があるのなら、すい臓がんのステージは4期ということになり、かなりの確率で末期と呼んでもよい状態になっています。ここまでくると、もはや有効な手立てがないことの方が多くなります。もっとも、それは根治が目標という前提での話ですので、痛みを緩和することや、余命の期間を一日でも長くするためには化学療法や放射線療法も力を発揮します。

早期発見ができれば、ガン細胞が広がってしまう前に発見することができます。しかし、現在の画像診断の技術ではなかなか初期症状のうちに発見することはできません。格安といった、すでに他の臓器にまで広がってしまった場合には、十分な対処の方法もありません。八方塞がりに近い現実があるのです。

希望を捨てないことは大切ですが、現実をしっかり見据えることも必要です。すい臓がんは転移しやすい性質を持っていますし死亡率も高いため、告知を受けた段階で余命は長くない可能性も考えておかなくてはなりません。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんと生存率と予後


すい臓がんの生存率は予後を表したものですので、数値を見ることによって治療後の経過を予想することができます。症状の進行度によって見込みが異なるのは当然ですが、ステージ別に集計されたものを見ることによって、その問題も解決できます。

具体的なすい臓がんの5年生存率ですが、一般的な目安として、1期で35%、2期で10%、3期で8%、4期では5%以下です。極端に悪い数字であることが、予後が悪い癌として有名である理由を物語っています。2期以降になると、5年間生きることも難しいことが分かるでしょう。

ただし、これらはすべての患者さんを含めたもので、もし手術できた患者さんに限定するのであれば、すい臓がんの予後はもう少し良好になります。もっとも、それによって劇的に改善されるわけではありません。切除を行った場合であっても、再発率が高いためです。

ガン細胞をすべて取り除くことができれば完治するわけですが、転移が早い段階から始まる上、組織が複雑に入り組んでいるために見落としも多く、高い確率で再発します。このことが、治療成績を下げる原因の一つとなっています。

手術で完治を目指すために化学療法を併用することや、拡大手術を行う試みも行われてきました。残念ながら、それでも十分な結果を得ることはできず、拡大手術は合併症が多くなるという問題も浮き彫りにしています。

生存率の向上は今後のテーマでもあります。そのためには、診断技術と治療法の進歩の両面のアプローチが必要でしょう。検査で早く発見できるようになれば、それだけ根治できる可能性は高まります。しかし、現在のように初期症状のうちはほとんど発見できない状況では、どうしても死亡率が高くなってしまいます。末期になる前に対応できるように、画像診断の制度がいっそう高まることが期待されます。

また、治療はこれまでにも発展してきましたが、すい臓がんの予後を改善するためには、より一層の向上が必要です。大きな期待を受けたジェムザールも、従来の抗がん剤よりは効果を発揮しているものの、まだまだ生存率を高めるほどの効果は出していません。転移が進んでも、化学療法が効果を発揮するようになれば症状の改善が目指せるようになるため、そのような治療法が考案されることが望まれます。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんと末期症状


症状が進行してすい臓がんが末期になってしまうと、根治させることが困難になります。どの程度の期間を経ると末期になるかを気にする患者さんもいると思います。実際のところ、発見時にそこまで至っていることも見られ、余命が長期に渡って見込めないことが多々あります。

つまり、すい臓がんは末期症状と隣り合わせの位置にいるということです。元々、難治癌として克復することが難しい癌の代名詞のようになっている病気であり、初期のうちに発見することが困難なのです。

画像診断が進歩して発見の見込みが多少は大きくなったものの、顕著な兆候も見られないため、精密検査を受ける機会だってほとんどありません。他の病気の検査や治療に伴って偶然見つかる場合を除けば、多かれ少なかれ進行してから見つかることが大部分なのです。

末期すい臓がんとの闘病においては、もはや完治を望むことはできません。残された時間をいかに生きるかを考えることが優先されます。医師から告知される余命の期間は見込みでしかありませんので、場合によってはそれよりも短くなることも計算に入れておかなくてはなりません。

さらに、最期まで体が自由に動くとは限りませんし、意識だってはっきりしていない可能性があります。そうなると、実質的に残っている時間はますます短くなるのです。死を考えることは辛いものですが、そこから逃げることができない状況に追い込まれてしまいます。

私たちは未来があるのは当然のことのように考えがちですが、末期になってしまえばその前提はあっけなく崩れてしまいます。その時になって、日頃の不摂生を悔やんだところで、これまでの人生をやり直せるわけではありません。それよりも、これからの人生で何ができるかを考えましょう。

すい臓がんの末期症状には痛みを伴うことが多いため、治療として痛み止めを使用し、安らかな状態を保てるようにしてもらえます。苦痛を感じる時には、遠慮せずに医師や看護士に伝えておきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんとティーエスワン(TS-1)


抗がん剤は新しいものが開発されて進化を続けていますが、ティーエスワン(TS-1)はすい臓がんの化学療法に用いられている薬剤の中でも新しいものです。ジェムザールよりも、さらに新しく導入された薬剤で、症状の改善に役立っています。

ジェムザールやティーエスワンはすい臓がんの治療において、抗がん剤の果たす役割を向上させています。根治手術ができないケースが多いという事情から、全身療法である化学療法は重要な役割を果たすものの、実際に有効な薬剤がなければ副作用ばかりが目立ってしまいます。

しかし、ティーエスワンも含め、新しい薬剤が登場したことによって、余命が長くなったり、痛みを弱めることができたりと、患者さんにとって利益になっています。

ティーエスワンもすい臓がんを完治させるほどの効果は示していませんが、将来的には新しい薬剤が開発されることによって、より高い効果を得られるようになるのかもしれません。難治癌の代表とされるだけに、今後も治療法の進歩が強く望まれています。

病院で治療を受けるだけでは症状を克服できないことがほとんどですので、自ら食事に気をつけるといった工夫をすることも必要でしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんと肝臓転移


すい臓がんは肝臓転移を起こしやすい性質を持っています。元々、他の部位に広がりやすいのですが、膵臓を出た血液が肝臓に向かいますので、そこで癌細胞が増殖するようになる場合があるのです。すぐに症状が出るわけではありませんが、進行すると痛みを伴うようなこともあります。

すい臓がんが肝臓に転移をしても、沈黙の臓器と称されるほど我慢強い内臓であるため、簡単には兆候が現われません。自分でおかしいと思った頃には悪化している可能性が高いことになります。これは原発巣でも言える事です。ただし、他の臓器にまで癌細胞が広まってしまっているとなると、その時点でステージ4期に該当しますので、そこからさらに悪化した状況がいかに深刻であるかは想像がつくでしょう。

このような状態になると、治療は困難になっていきます。抗がん剤によってある程度のコントロールはできるにしても、症状の進行を遅らせる程度で、根本的な解決にはなりません。末期になっている可能性もあることを覚悟しておかなくてはなりません。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんとジェムザールの効果


2001年に承認された抗がん剤のジェムザールはすい臓がんの治療において大きな役割を果たしています。それまではフルオロウラシルという薬剤が中心だったのですが、十分に効果があるとは言えない状況でした。手術できないケースが多いため、化学療法の果たす役割は小さくないものの、効果的な薬がない状態だったのです。

すい臓がんにジェムザール(ゲムシタビン)が使えるようになったことで、疼痛を和らげることや余命を長く保つことができるようになりました。もっとも、完治を目指せるほどの効き目はありません。手術の適応がない場合には、末期になるまでの時間を稼いだり、末期になってからの余命を少しでも長くしたりするにとどまります。

それでも、従来に比べれば進歩した環境であると言えます。根治は望めないにしても、症状を改善して快適に暮らせる期間が長くなることは、大きな利益になるでしょう。

点滴と服用があり、点滴の場合には週に1回、外来で受けることできます。入院を伴わないので、患者さんにとって治療に伴う負担が少なくて済みます。すい臓がんにはジェムザールのほか、TS-1という抗がん剤も承認されており、化学療法の進歩に貢献しています。

抗がん剤が正常細胞にもダメージを与えてしまうことは、ジェムザールでも同じです。副作用として、吐き気や嘔吐、脱毛、赤血球・白血球・血小板の減少といったものが見られます。得られる効用と副作用を天秤にかけて使用を考える必要があります。末期症状に差し掛かった時、何を優先するかは患者さんの人生観や死生観による部分が大きいため、治療の有無について自分なりに考えて専門医と相談するとよいでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんと腫瘍マーカー


血液検査の一種として、すい臓がんの腫瘍マーカーを測定する方法があります。癌になったことによって増加する物質の量を測定することで、正常値なのか、それとも異常が疑われる量になるかを見極めるものです。闘病記のブログを読んでいると、この値についても日記形式で触れられていることがあります。治療の成果を図るうえで参考にされている指標ですので、正常値に近づいていることは症状が改善されていることを推測させる材料になるため、重要なこととして日記の中でも言及されているのでしょう。

もっとも、腫瘍マーカーですい臓がんを確実に診断できるものではありません。残念なことに確実さが足りなく、補助診断に使える程度でしかありません。特に、初期症状のうちには正常値を示してしまうことが多く、早期発見に役立つことはまれです。

画像診断によっても初期症状は発見が難しいのですが、腫瘍マーカーも精度が高いとは言えず、結局のところ進行してしまうまでは発見できないことが多くなってしまっているのが現状で、決定的な検査が存在していないのです。

すい臓がんに使われる腫瘍マーカーとしては、CA19-9、CEA、Dupan-2があります。これらは他の癌の検査にも使われており、たとえばCA19-9であれば胆道癌、CEAであれば肺がんにも使われています。

血液検査としては、腫瘍マーカーのほかに、膵酵素を調べます。膵酵素としては、アミラーゼやリパーゼ、トリプシンがあります。これらは判断材料の1つになるだけで、確定診断を行えるものではありません。あくまで手がかりとして考えてください。

末期になってから発見されるようなことも少なくありませんので、厳しい状況には変わりありませんが、少しでも早く発見することができれば、それだけ生存率も向上します。異常を感じたら放置しないことが大切です。自覚症状が現われる頃になると、すでに進行していることが普通ですので、予断を許さない状況になります。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんと平岩正樹先生


平岩正樹先生にすい臓がんの相談をしたという方や、著書を読んだという方もいるのではないでしょうか。この方は外科医であり、多数の本を出版している有名医です。がん治療に深く携わっていることが特徴で、多くの患者さんの相談を受けています。

したがって、すい臓がんの名医を探していた結果、平岩正樹先生に行き当たったという方も少なくないことと思います。病院選びというのは難しいもので、命に関わる問題だけにミスは許されないのですが、患者さんとしては不慣れなために思うようにいかないことも多くあります。

それでも、やはり名医や権威と呼ばれる専門医を探したり、セカンドオピニオンを活用したりすることは大切なことです。病院によって治療成績は異なりますし、医師のレベルも異なります。助からないと宣告されていても、実は病院のレベルに問題がある可能性もあります。

末期すい臓がんを完治させることは容易ではありません。しかし、平岩正樹先生のような外科医に相談することで活路を見出せる可能性がないわけではありませんし、たとえ完治させることはできないまでも、症状の進行を遅くできる方策が存在することもあります。

平岩正樹はすい臓がんにジェムザールを使用することが承認される前から、患者さんのためにジェムザールを使用していたと言います。今では承認されているジェムザールも、かつては肺がんにしか使えませんでした。世界レベルで見たら標準治療であるにも関わらず、日本では使用されていない状態だったのです。このような状況を打破するためにも、患者さん自身も知識を蓄える必要がありますし、適切な情報源を得ることが求められます。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

すい臓がんとステージ4


すい臓がんがステージ4になると、病期の中でももっとも進行した状態となり、5年生存率がほとんど意味をなさない状態になります。すなわち、余命が数ヶ月という方が多く、5年間生きることができる方が非常に少ないため、データとしてあまり有効な数値と言えないほどに小さな値となってしまうのです。

ステージ4と末期症状は同じ意味ではありませんが、おおむね重なっていると考えてよいでしょう。この段階になると、克復することはほとんど不可能に近くなってしまいます。現実的に考える限り、残された余命と向き合っていく必要があると言えるでしょう。

すでにステージ4になったすい臓がんの治療は、抗がん剤や放射線療法だけではなく、痛み止めを使うこともあります。これによって、末期の痛みを軽減させ、QOL(生活の質)の向上につなげるためです。残念ながら、根本的に腫瘍を消失させられるほどの治療が行えない以上、対処療法によって少しでも患者さんが良い状態を保てるようにするのが精一杯なのです。

ジェムザールの登場によって、化学療法の効果は高くなりましたし、延命効果を得ることができるようにもなっています。しかし、ステージ4のすい臓がんという進行したものに対し、必ずしも大きな効果をもたらすことができる方法と言えるほどのものではありません。もっとも進行した病期でありながら、非常に多くの患者さんが通る道であることに、死亡率の高さの一端を垣間見ることになります。

名医がいる病院を見つけても、できることは限られているというのが現状であり、完治や克復は非常に難しいと言わざるをえません。


癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。