すい臓がんと余命


すい臓がん余命が短い傾向があり、これは他の癌と比べても顕著です。それだけ悪性度が高いということなのですが、発見時にはすでに末期に進行していることも多く、告知の段階で期待できる生存期間が半年を切っていることも少なくありません。

では、どのように残された余命と向き合っていけばよいのでしょうか。誰にでも共通する回答があるわけではありませんが、あくまですい臓がんの克服を諦めないという方向性と、残された時間をまっとうするという方向に分かれるのではないでしょうか。もちろん、どちらか一方を選択するだけではなく、両方を組み合わせることもできます。

病院での治療のレベルを高めるための方法としては、名医を見つけることが挙げられます。専門医の力量によって、症状の改善の度合いが異なることがあるからです。手術になれば、執刀医の腕が問われることになりますし、そうではないとしても適切な治療方針を立てられるかどうかによって、体の状態は変わります。

しかし、名医を見つけてもすい臓がんが末期になれば余命を延長させることはできても、完治させることは難しいのが現状です。病院での治療は基本ですが、それだけでは限界があるのも事実なのです。そこで、食事療法を取り入れてみてはいかがでしょうか。食事は毎日のことですから、改善することができれば体にも影響を及ぼすことができるようになります。

ガン治療に最も効果的な食事法を活用することで、症状の改善や、悪化の抑制につなげられる可能性があります。残された時間をわずかなものとして諦めるよりも、できる限りの手を尽くすことをお勧めします。

残された余命を受け入れて、遣り残したことがないようにしておくことも大切です。たとえば、家族に伝えておきたいこともあるでしょうし、訪れておきたい場所もあるかもしれません。出かけるのであれば外出許可が出るうちに済ませておくことが必要です。末期症状が進行すると、体を動かすこともままならなくなるケースがあるためです。

残念ながら、今でもすい臓がんは診断や治療において困難な部分が多く、十分な回復を望めない現実があります。そのため、罹患してしまうと助かることは少なく、早かれ遅かれ余命と向き合わざるをえなくなってしまいます。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。