すい臓がんと末期症状


症状が進行してすい臓がんが末期になってしまうと、根治させることが困難になります。どの程度の期間を経ると末期になるかを気にする患者さんもいると思います。実際のところ、発見時にそこまで至っていることも見られ、余命が長期に渡って見込めないことが多々あります。

つまり、すい臓がんは末期症状と隣り合わせの位置にいるということです。元々、難治癌として克復することが難しい癌の代名詞のようになっている病気であり、初期のうちに発見することが困難なのです。

画像診断が進歩して発見の見込みが多少は大きくなったものの、顕著な兆候も見られないため、精密検査を受ける機会だってほとんどありません。他の病気の検査や治療に伴って偶然見つかる場合を除けば、多かれ少なかれ進行してから見つかることが大部分なのです。

末期すい臓がんとの闘病においては、もはや完治を望むことはできません。残された時間をいかに生きるかを考えることが優先されます。医師から告知される余命の期間は見込みでしかありませんので、場合によってはそれよりも短くなることも計算に入れておかなくてはなりません。

さらに、最期まで体が自由に動くとは限りませんし、意識だってはっきりしていない可能性があります。そうなると、実質的に残っている時間はますます短くなるのです。死を考えることは辛いものですが、そこから逃げることができない状況に追い込まれてしまいます。

私たちは未来があるのは当然のことのように考えがちですが、末期になってしまえばその前提はあっけなく崩れてしまいます。その時になって、日頃の不摂生を悔やんだところで、これまでの人生をやり直せるわけではありません。それよりも、これからの人生で何ができるかを考えましょう。

すい臓がんの末期症状には痛みを伴うことが多いため、治療として痛み止めを使用し、安らかな状態を保てるようにしてもらえます。苦痛を感じる時には、遠慮せずに医師や看護士に伝えておきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。