すい臓がんと検査


すい臓がんの検査としては、画像診断や腫瘍マーカーをはじめとした血液の採取があります。残念ながら、初期症状で自覚することはほとんどありませんし、健康診断によって早期発見されることも少ないのが現実で、ある程度進行してから発見されることが一般的です。

超音波検査ですい臓がんを調べる場合には、超音波の跳ね返りを画像にします。非侵襲的で、身体に負担がかからないのがメリットですが、小さな癌を見つけることは難しいという問題点があります。

CTでは、より細かな異常を見つけることができます。X線を使うため、多少の被曝はありますが、とても有用な方法と言えるでしょう。

MRCP検査はMRIの応用で、かつて多く行われていたERCP検査の代わりに使われることが多くなっています。胆道と膵管を三次元の画像にしたもので、狭窄や閉塞の描出をすることができます。ERCPは合併症の危険性が高いため、簡単に使える方法ではありませんが、膵液や胆汁、細胞の採取もできます。内視鏡を十二指腸まで入れることによって行います。

血液検査を用いる場合には、腫瘍マーカーや膵酵素のチェックを行います。すい臓がんがあると腫瘍マーカーが上昇するため、CA19-9、CEA、Dupan-2の数値を調べます。もっとも、腫瘍マーカーは早期の段階では正常値を示すことが多く、早期発見に結びつくことはまれで、治療経過の測定や補助診断として用いられます。また、膵酵素の数値を調べるだけで癌の診断ができるわけではありませんが、異常値が出ているかどうかは参考にすることができます。

治療成績を高めるためには、少しでも末期に近づく前に発見することが大切です。完治に向けての取り組みは治療技術の向上だけではなく、診断の精度が高まることも求められています。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。