すい臓がんと看護


すい臓がんの看護をしていて行き当たる問題として、専門医のように治療を行うことができるわけではなく、家族ができることは限られているという現実があります。たしかに、手術や抗がん剤の投与を行うのは医師ですので、その代わりを務めることはできません。

しかし、家族だからこそできるすい臓がんの看護もあります。たとえば、精神的な部分での支えになることは、やはり身近な人だからこそできる部分があります。末期になって余命と向き合わなくてはならなくなった時、一人きりでは辛いものです。近くで応援してくれる人がいることは、それ自体が力になります。

また、毎日の食事で少しでも体調を良くするために、食事療法を活用してみてはいかがでしょうか。具体的な方法は
数々のガン患者を完治させてきた食養理論を参考にして下さい。毎日口にする食べ物を替えることは、健康に及ぼす影響が大きく、比較的手軽にできるというメリットがあります。

すい臓がんのような重い病気にかかることはなかなかありませんので、患者さんも周囲の人々も心の準備が整うまでに時間が必要でしょう。最初からすべてを理解して看護することはできなくても、できることから始めてみましょう。たとえば、どのような治療法があるのか、症状としてはどのような問題が身体に生じるかを知っておくだけでも、理解を深めることができます。

残念ながら、生存率は非常に低い癌です。すい臓がんは予後が良好とは決して言えませんので、余命は限られていることも少なくありません。看護をする側が本人に動揺を与えないようにするためにも、気持ちを強く持ってください。簡単に割り切れることではありませんが、残された時間は長くないことが多いだけに、後悔の残らないようにしてください。

本人の希望を汲むことはもちろん大切ですが、家族としての要求もあるでしょう。できるだけお互いの気持ちが伝わるようにコミュニケーションを取っておくことが必要です。また、病院との連携がスムーズだと何かと役に立ちますので、主治医や看護婦の方とは顔見知りになって、機会を見て話をしておくとよいでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。