すい臓がんと平岩正樹先生


平岩正樹先生にすい臓がんの相談をしたという方や、著書を読んだという方もいるのではないでしょうか。この方は外科医であり、多数の本を出版している有名医です。がん治療に深く携わっていることが特徴で、多くの患者さんの相談を受けています。

したがって、すい臓がんの名医を探していた結果、平岩正樹先生に行き当たったという方も少なくないことと思います。病院選びというのは難しいもので、命に関わる問題だけにミスは許されないのですが、患者さんとしては不慣れなために思うようにいかないことも多くあります。

それでも、やはり名医や権威と呼ばれる専門医を探したり、セカンドオピニオンを活用したりすることは大切なことです。病院によって治療成績は異なりますし、医師のレベルも異なります。助からないと宣告されていても、実は病院のレベルに問題がある可能性もあります。

末期すい臓がんを完治させることは容易ではありません。しかし、平岩正樹先生のような外科医に相談することで活路を見出せる可能性がないわけではありませんし、たとえ完治させることはできないまでも、症状の進行を遅くできる方策が存在することもあります。

平岩正樹はすい臓がんにジェムザールを使用することが承認される前から、患者さんのためにジェムザールを使用していたと言います。今では承認されているジェムザールも、かつては肺がんにしか使えませんでした。世界レベルで見たら標準治療であるにも関わらず、日本では使用されていない状態だったのです。このような状況を打破するためにも、患者さん自身も知識を蓄える必要がありますし、適切な情報源を得ることが求められます。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。