すい臓がんとジェムザールの効果


2001年に承認された抗がん剤のジェムザールはすい臓がんの治療において大きな役割を果たしています。それまではフルオロウラシルという薬剤が中心だったのですが、十分に効果があるとは言えない状況でした。手術できないケースが多いため、化学療法の果たす役割は小さくないものの、効果的な薬がない状態だったのです。

すい臓がんにジェムザール(ゲムシタビン)が使えるようになったことで、疼痛を和らげることや余命を長く保つことができるようになりました。もっとも、完治を目指せるほどの効き目はありません。手術の適応がない場合には、末期になるまでの時間を稼いだり、末期になってからの余命を少しでも長くしたりするにとどまります。

それでも、従来に比べれば進歩した環境であると言えます。根治は望めないにしても、症状を改善して快適に暮らせる期間が長くなることは、大きな利益になるでしょう。

点滴と服用があり、点滴の場合には週に1回、外来で受けることできます。入院を伴わないので、患者さんにとって治療に伴う負担が少なくて済みます。すい臓がんにはジェムザールのほか、TS-1という抗がん剤も承認されており、化学療法の進歩に貢献しています。

抗がん剤が正常細胞にもダメージを与えてしまうことは、ジェムザールでも同じです。副作用として、吐き気や嘔吐、脱毛、赤血球・白血球・血小板の減少といったものが見られます。得られる効用と副作用を天秤にかけて使用を考える必要があります。末期症状に差し掛かった時、何を優先するかは患者さんの人生観や死生観による部分が大きいため、治療の有無について自分なりに考えて専門医と相談するとよいでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。