すい臓がんとティーエスワン(TS-1)


抗がん剤は新しいものが開発されて進化を続けていますが、ティーエスワン(TS-1)はすい臓がんの化学療法に用いられている薬剤の中でも新しいものです。ジェムザールよりも、さらに新しく導入された薬剤で、症状の改善に役立っています。

ジェムザールやティーエスワンはすい臓がんの治療において、抗がん剤の果たす役割を向上させています。根治手術ができないケースが多いという事情から、全身療法である化学療法は重要な役割を果たすものの、実際に有効な薬剤がなければ副作用ばかりが目立ってしまいます。

しかし、ティーエスワンも含め、新しい薬剤が登場したことによって、余命が長くなったり、痛みを弱めることができたりと、患者さんにとって利益になっています。

ティーエスワンもすい臓がんを完治させるほどの効果は示していませんが、将来的には新しい薬剤が開発されることによって、より高い効果を得られるようになるのかもしれません。難治癌の代表とされるだけに、今後も治療法の進歩が強く望まれています。

病院で治療を受けるだけでは症状を克服できないことがほとんどですので、自ら食事に気をつけるといった工夫をすることも必要でしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。